収入が多い職業に就く

仕事をする時間は人生の3分の1から半分以上を占めることになります。
したがって職業選びは非常に大切ですよね。
多くの時間を割くからには興味が持ててやりがいのある仕事をしたいものです。

しかし、どれだけ楽しい仕事であったとしても、
給料が低いのと高いのとでは、やはり高いほうが良いですよね。
以前の記事でも、仕事をするからにはお金を稼がないと駄目だというのが
管理人の考えだと述べましたが、その考えが間違いだとは思いませんし、
日本人は金を稼ぐことにもっと貪欲になるべきだと思います。

昨今はアメリカやヨーロッパの経済的不安による不況の影響で
日本の円の価値が上がり、輸出大国である日本はその影響をかなり受けており、
多くの企業が従業員を減らしたり、給与をカットすることでなんとか生き延びています。
何と言っても退職を共用する圧迫面談をするような企業もあるようですからね。
上司とうまいこと付き合っていればこのようなことは受けずにすむらしいですが。
(上司と関係に疲れて転職を考えている方はこちら

しかしこのような不況の中でも成長をしている企業もあるんですよね。

今の会社の将来が不安な方は、
成長している企業へ転職を考えるのがいいですね。
そのさいに必要な資格があれば、資格を頑張って取るべきでしょう。
また転職後しばらくは給与レベルが下がったとしても
すぐに上がることが多いです。

ちなみに最近の就活生の方は
大企業へ就職することに拘る人が減っているようです。
特に電機メーカー系へ就職することを避けている人が多いようで、
昔なら就職説明会のエントリーはすぐにいっぱいになっていたようですが、
今年は当日エントリーも可能な大企業があるようです。

このような就活生は中小企業へ目を向けているようですが、
中小企業に就職した場合の収入は平均給与レベルが多いですよね。

やはり収入が多い職業は、各々資格を必要としており、
実際に収入が多い人は難関の資格を持っている人が多いようです。
もちろん資格さえ持っていればそれで良いというわけではなく、
ちゃんと専門的な知識が身についていないと駄目ですけどね。

This entry was posted in 職業と年収. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">